神前式ではどのようなことが|今空前のブームとなっている神前式を上げるには

神前式ではどのようなことが

赤い傘

神前結婚式では、まず控え室にて衣装に着替えるところから始まります。
控え室は、新郎・新婦と別れている場合もありますが、同じ部屋である場合が多いようです。
また、招待客や親族のための控え室を設けてくれる神社も多いようです。

衣装に着替え終わり、時間になると新郎・新婦が神殿に移動します。
多くの神前結婚式の場合新郎・新婦に親族が続き、行列になって神殿に移動します。
神社で行われる神前結婚式の場合、新郎新婦に和傘をさしかけてくれる人が隣に立つ場合もあります。
また、巫女舞いや雅楽の演奏などと共に神殿に移動する神社もあります。

神社に一同が入場すると、挙式が始まります。
神主が参列者一同を祓い清めた後、神主が神様に新郎新婦の結婚の報告の後、祝詞をあげます。

次に三三九度の杯を交わします。
大中小の杯に注がれる御神酒を、新郎、新婦が交互に飲みます。
(実際は口をつけるだけでも良いことが多いです)
その後、新郎新婦が希望する場合指輪の交換が行われ、新郎・新婦による誓詞奏上になります。
これは新郎が「誓詞」という神様に対する誓いの言葉を読み上げる儀式です。
誓詞は神社によって用意されているので事前に用意したり覚えたりは必要ありません。

次が玉串奉奠という、榊の小枝を神に捧げる儀式になりますが、これは新郎新婦だけでなく仲人さんにも行ってもらう場合があります。

その次が親族杯の儀で、親族一同が御神酒をいただき、親族同士が結びつくための儀式が行われます。

最後に神主さんからのお話があり、神前結婚式は終了で、退場となります。
退場後、神社に参拝する場合もあります。